脂肪肝の改善にできること。楽しく改善する方法とは!?

脂肪肝の改善を目指しているけど、偏った食事や慢性的な運動不足を自分ではどうにもできない方、必見のページになっています。脂肪肝のケアを始めてみましょう。

脂肪肝の症状情報~実は見落としがち?!~

time 2017/09/02

脂肪肝の症状は?

 

基本的に脂肪肝に対する症状はありません。

肝臓はダメージに強く、ダメージを受けた際にも機能を維持する能力に長けているので、目に見える症状が出にくいです。

 

ただし、人によっては以下のような症状が出る場合もあります。

 

疲労感

肝臓で処理されるはずの疲労物質であるアンモニアが正常に処理されないでいると疲れを感じるようになります。

 

尿の色が濃くなる(茶色になる)

ビリルビンが腎臓で酸化することによってウロクロームになるのが通常ですが、脂肪肝になると尿中にビリルビンがそのまま混じって色が濃い(茶色)になります。

 

食欲不振

肝臓で処理された脂質の消化を行うのが胆汁です。

脂肪肝になると胆汁の働きも低下する場合がある為、食べ物の脂肪の消化や吸収が行えなくなり食欲不振につながります。

 

その他

・むくみ

・かゆみ

・発熱や微熱

・腹水

・黄疸

・手のひらの赤み   等

 

人によって症状は様々ですが、一番先にもお伝えしている通り脂肪肝は症状の出にくい疾患です。

上記のような症状がではじめている場合は、脂肪肝が進行し肝炎や肝硬変になっている場合が殆どです。

 

down

コメントする